真夏の自転車野宿旅は控えめに言って地獄!

旅の話

何を血迷ったか、今年の夏は自転車旅に明け暮れました。

思い立ったのが真冬だったからかな。冬の野宿なんて地獄だと思って夏行こう!って思ったんだよな。

 

夏の方が地獄でした。

真夏の自転車旅をおすすめしない理由その1.暑い

言うまでもなく暑いです。以上。

いや、暑いだけでなく、湿度がやばいです。汗が尋常じゃないくらい吹き出します。しかも乾かない。不快この上ないです。

大量の汗をかくので、服に白いシミができます。水分だけでなく塩分の排出ハンパないです。

ある意味デトックスできますが、ストレスがたまります。

真夏の自転車旅をおすすめしない理由その2.日焼け

もうね、日焼けすごいですよ。

旅の間じゅう、スポーツサンダルをはいて旅していたんですけどね。

こういうの。すごく歩きやすくて気に入っていたんですが

すき間だけがものすごく焼けてしまったんですよ。

汚い足をお見せしてすみません、本当に。でも汚れではないんです。

これでも少し落ち着いたほうなんですよ。そしてお風呂あがりなんですよ。

このまだらな日焼け跡、汚くてやですね~。早く元に戻ってほしいです。

でも、暑いからスニーカーとかはきたくなかったんです。

同様に、腕もやデコルテも真っ黒です。これが涼しい季節なら、長そでやハイネックを着ても平気なので、紫外線もしっかりブロックできますよね。

でも夏だから。どれだけ薄着しても暑い。なるべく長そでを着るようにしていましたが、どうしても薄手になっちゃいます。紫外線対策は不十分でした。

日焼け止めも塗っていたんですが、汗で流れたり、休憩中に顔を洗ったりするのでほとんど意味なし。何度この計画を後悔したか。

次やるならこういうの買おう。絶対買おう。

真夏の自転車旅をおすすめしない理由その3.蚊が多い

夏といえば蚊ですね。人一倍刺されやすいあなた。きっと分かってくださると思います。

ただでさえ刺されやすいのに、自転車を漕いでほてった体温の高い体。そして汗。

刺されやすい条件が追加。しかもテントを張る時間帯は決まって夕方。

毎日が闘いです。日焼けして黒くなった足首はさらに刺されやすいらしく、同じところを刺されすぎて、足首はもう本当に汚いです。たまりかねて真夏にレッグウォーマー履いてましたからね。

かきむしったせいで未だに跡が残っています。足首もう見たくありません。

途中でたまりかねてこれ買いました。

テントの外で食事しているときはもう諦めるしかありませんが、寝るときだけは蚊を気にせず熟睡できたので、本当に買ってよかったです。

実家でも使ってましたし、インド旅したときも日本人が持ってて、みんなに感謝されてました。

真夏の自転車旅をおすすめしない理由その4.テント内が蒸し風呂

日本の湿気すごいですね。イタリア人の夫は驚愕していました。

テントは両側に窓があるタイプなので、風が強ければそこそこ快適なのですが、風が弱い日は湿気がこもって大変でした。夏なのでなるべく薄着で寝たいのですが、裸というわけにはいきません。

夫はパンイチで寝ることもありましたが、窓は開けたままなので、ちょっとライトを照らされたら中が丸見えです。へたすりゃ公然わいせつかと。いつ職質されるかと気が気ではありませんでしたよ。

寒い季節なら、窓を閉めて寝られます。服を着て寝られるので、体が当たっても不快感がありません(ベタベタの素肌が触れるのは大変不快です)。

なので、えー、いろいろ好みや予定はあるかと思いますが、可能であれば、真夏の自転車旅は避けた方がいいと思います。

3か月くらいを予定しているのであれば、春か秋ですね。半年くらいとなると、2月か8月どちらかにかかってしまうので迷うところですが、寒い季節は温暖な土地に行くとかするといいですね。

そうなると、8月は北の方に行くという手がありますね。次はそうしよう。

いろいろと予想外の自然現象に苦しめられましたが、とても楽しかったです。

だからこそ、春や秋ならもっと楽しかったのではないかと思えてなりません。

実は、次の旅もすでに計画中ですので、この反省を生かして、さらに楽しい旅にしたいと思います。

あ~~ワクワクが止まらないっ!!

その前にひと仕事します。短期間で稼げるリゾバは最高です。

 

コメント