トイレの言い方 英語で

英語
Restroom

トイレ、おトイレ、お手洗い、化粧室・・・トイレの言い方ひとつでその人に対する印象がずいぶん違うように感じてしまうのは私だけでしょうか。

では、トイレを英語で言うなら?そりゃあトイレットでしょう、とはいきません。英語も日本語と同様、トイレの言い方にはバリエーションがあります。

もちろん、トイレットでも通じます。

ネイティブも、たまにWhere is the toilet? 聞いてきます。

ですが、これはお手洗いというよりは、「便所」に近いニュアンスで、あまりお上品な印象を与えません。

「お手洗い」は、手を洗う場所も差すことから、湾曲的に使うことができます。

それに対して「便所」は、ズバリ便器のある場所となりますので、まぁ、場合によっては避けた方が良さそうですね(食事中とか特に・・・)。

そんなの関係ねぇぜ!というハードボイルドな方は、トイレットで通してももちろん構いません。が、もし、相手にトイレの場所を聞かれたとき、正しく理解するためにも、一応こんなワードがあるよ!ってことを知っておきたいものです。

スポンサーリンク

トイレの言い方 バリエーション

  • Toilet
  • Restroom
  • Bathroom
  • Washroom
  • Powder room
  • その他

Toilet

上記で説明した通りです。ある意味、ほぼ世界共通で通じる単語ではありますね。

Restroom

お手洗いという意味。北米、特にアメリカで多く使われる印象です。

Bathroom

こちらはイギリス英語。Restroom と同じニュアンスで使われます。アメリカでBathroomと言うと、お家のお風呂場にあるトイレのイメージです。

Washroom

「洗う部屋」、つまりお手洗いです。カナダにいた時、公共のトイレにこの単語が使われていました。ちなみにインドでもWashroomが多数です。オーストラリアにいた時、インド系の人はWashroomと言う人が多かったです。

Powder room

「お化粧室」女性専用といったニュアンスです。日本で割とよく見かけますね。海外ではあまり目にしません。

Loo

あまり聞きなれませんが、Looという言葉もあります。女性がカジュアルな場で使うイメージです。男性が使うとオネエっぽい印象になります。

その他

このほか、Gentlemen’s room やLady’s roomなどとトイレの入り口に書いてある場合もありますが、場所を尋ねるときはRestroom かBathroomが一般的です。

使わなくても覚えておいた方がいい理由と実際にあった聞き間違い

私がリゾバで今のお気楽な生活を続けていられることは以前に書きました。

リゾバ会社を通し、ホテルで働いていたとき、こんなことがありました。

フロントで雑用をこなしていると。外国人のお客さんが、キョロキョロしながら営業時間外のレストランへと入って行きます。

どうしたのかと思い、声をかけてみると、「Where is the restroom?」と尋ねられます。

こちらですと逆の方向をお教えしたのですが、怪訝な顔をするお客さんにピーンときました。

そうです、英語の得意でないスタッフが、RESTROOM をRESTAURANTと勘違いして教えてしまったのです。

レストルームとレストラン、確かによく似ています。第一アクセント(もっとも強調される発音)が同じ、前半部分の発音もほとんど同じなので、音の弱い部分は聞き逃してしまったのだろうと思います。

だからと言って、準備中で真っ暗なレストランを、しかも朝食時間がとっくに過ぎた時間帯に案内するなんて・・・と思うかもしれません。私も一瞬そう思いました。

お客さんは連泊を除き、全員チェックアウトしている時間です。そんなときにレストランの場所を聞かれたら、何か忘れ物かと思うのが当然です。

案内した人が誰かは分かりませんでしたが、彼もしくは彼女が、RESTROOM という単語を知っていたら、即座にトイレだ!と分かったと思います。たとえ、レストランと聞こえたとしても。

その人は、「トイレは英語でトイレット」という認識しか無かったため、あり得ない時間帯にレストランを案内してしまったのでしょう。

Restroom という単語

今、辞書サイトのWeblioを見たのですが、restroom って、英検一級レベルの単語らしいです。知らない人が多いのも無理ないということですね。

トイレっていう、たったひとつの意味なのに、国によって言い方も微妙に違うし・・・覚えるの面倒ですよね。

でも、実際に使うシチュエーションが少なくとも、知識として頭の片隅に入れておくと便利です。海外でトイレを探しやすくなるかもしれませんので・・・。

おまけ

ちなみに、エレベーターは、アメリカ英語elevator です。イギリスやオーストラリアなどではliftと言います。空港などで場所を聞くときなど、知っていると便利です。

コメント